Q.アメリカンフットボールとはどんなスポーツですか?

A.日本人にはあまりなじみのないスポーツかもしれませんが、
 基本的なルールは
いたってシンプルです。
 4回の攻撃でボールを10ヤード(9メートル強)進める様に作
 戦を立て実行します。そして、10ヤード進むことができれば、
 また4回の攻撃が与えられ、最終的に得点の入るエリア(エン
 ドゾーン)にボールを持ち込めば、得点が入ります。

 シンプルなルールですが、「頭脳」「スピード」「パワー」「テク
 ニック」など、様々な要素が活かされるスポーツです。

※下記サイトで、もう少し詳しく紹介しています。

Q.中学時代、アメフトをやったことも見たこともありませんが...

A.ほぼ全員が高校からはじめるスポーツなので、中学時代の経験
 は関係ありません。現在所属している多くの選手が、高校で初め
 てアメリカンフットボールと出会います。
 投げる、キャッチする、抜き去る、タックルする、押す、倒す…様々
 な要素が溢れるスポーツです。そして、緻密に計算された作戦を
 全員が遂行させ、ボールを得点の入るエリアまで運びます。
 中には、中学で野球部の補欠だった子が、アメフトを始め、自分が
 ボールをキャッチするのが得意な事がわかり、WRとしてエースに
 なったというケースもあります。
 また、サッカーが大好きで小学生からやっていたが、ドリブルが苦
 手だったので高校ではサッカーをあきらめたという選手が、アメフト
 と出会って、19歳以下の世界大会に日本代表候補選手として選
 ばれるといったケースもありました。
 現在所属する選手それぞれがエピソードを持ち、サクセスストー
 リーがあります。
 ぜひ自分の可能性を見出してください。


Q.中学時代にどんな部活に所属していると有利ですか?

A.
「このスポーツが絶対!」というスポーツはありません。
 これまでにも、サッカー・野球・バスケ・バレー・陸上・ハンドボー
 ル・テニス・柔道・剣道・相撲・卓球・レスリングなど様々な経験者
 が所属してきたのもその証です。
 もちろん、文化系や帰宅部だった選手もいますが、様々な可能性
 を引き出し自らを進化させ、レギュラーを獲得してきました。
 また、多種多様な人間があつまるスポーツは他にはないと思いま
 す。体が大きくて力のある人。身長は低いけどスピードがある人。
 パスを受け取るのが巧い人。ボールを遠くへ投げれる人。ボール
 を遠くに蹴れる人。様々な能力が活かせるポジションがあります。
 そして、それぞれの利点を活かし、弱点をカバーしあうことにこそ、
 フットボールのチームプレーの神髄があるのです。


Q.みんな凄い筋肉ですね。初めからですか?

A.最初から凄い選手なんて、そういません。
 現在、平安高校アメフト部では社会人トップリーグで選手を支て
 いるトレーナー陣が我が校のサポートをしてくれています。
 正確なトレーニング方法、怪我の予防・リハビリ、栄養面などの
 知識など、様々なサポートをしてくれる中で、真のアスリートとし
 て成長します。
 そして我が龍谷大学付属平安高校アメリカンフットボール部の多
 くの卒業生たちが、大学・社会人でも活躍しています。


Q.僕は中学時代ずっと補欠でした。そんな僕でも試合にでれますか?

A.アメリカンフットボールは11人対11人でやるスポーツです。
 また、野球の様に、攻撃(オフェンス)の回と守備(ディフェンス)
 回にわかれ、それぞれポジションで専門性を持つため、22のポ
 ジションが存在します。
 つまり、1試合あたり22名がスターティングメンバーとなるのです。
 そして、野球やサッカーと違い選手の交代は何人でも可能なので、
 一定の水準に達すると全員がレギュラーとなりポジションを得ま
 す。実際に大学では100名近い選手が所属していたりもします。
 他のクラブのようにレギュラーになれなかったら試合にも出れない
 なんてことは決してありません。全員「ベンチ入り」します。


Q.雰囲気はどうですか?

A.「選手たちで立てたチーム目標を全員で達成したいと思っている」
 意思を持った集団です。だからこそ、メンバー同士の意思疎通を
 大切にし、関係性を大切にするので、チームワークは抜群です。
 また、ほぼ全員が高校に入って「初めて体験したスポーツ」です。
 1年の時、右も左もわからずに練習した経験があるからこそ、同じ
 状態の新入生たちの気持ちをよく理解しています。だからこそ、体
 格の大きな先輩も、実際にしゃべってみると後輩に優しかったりす
 るのかも知れません。


Q.アメフトの世界大会があると聞いたのですが?

A.高校生たちは、アンダー19(19歳以下による世界大会)が対象と
 なります。ただ、殆どが大学生で構成されています。しかしながら、
 2012年度に平安高校でキャプテンを務めた選手は、そんな大学
 生の多い中、アンダー19の日本代表候補選手までのぼりつめま
 した。彼は体は大きくはありませんでしたが、スピードとキック力
 を武器に、数少ない高校生として挑戦しました。
 彼が言っていた言葉ですが、「中学時代、サッカーをしていた頃に
 世界を相手にするなんて考えた事もなかった」と言っていました。
 世界的な視野も持つことができるのも、アメフトの魅力の一つで
 す。


Q.平安のアメフト部の特徴はありますか?

A.たくさんありますが、平安のアメフト部は「チームとして目標を明
 確」に、「何をすべきかを考え行動できる」人間として成長してもら
 えるようなチームの雰囲気を作っています。
 毎年、チームの最上級生は、そのシーズンの目標を自分たちで
 定めます。その目標に対し、選手・マネージャ全員が主体となり、
 目標に向けてどうすれば達成できるかを考え行動しています。


Q.マネージャーしようと思ってます。アメフト部ってどうですか?

A.アメフト部のマネージャーは他の部活と違い、単なる雑用係では
 ありません。大きな役割をもったチームの一員です。ウォームアッ
 プやトレーニングの指示・合図、時間の管理、練習内容のビデオ
 撮り、怪我を予防する為のテーピングなどのトレーナー業務など
 を分担して行っています。その為、マネージャーの数も他の部活
 に比べて多いです。そして、毎年すばらしい先輩マネージャーた
 ちが巣立っていきます。
 先輩マネージャーから色々学び、そしてお手本に自ら行動できる
 立派なマネージャとして育ってください!


Comments